トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 審美歯科

【審美歯科】魅力的な口元になれる歯科治療

「歯のくすみや黄ばみが気になる」、「美しい口元になりたい」、「銀歯を白い歯にしたい」
こういった方におすすめしたいのが、審美歯科治療です。審美歯科治療では、歯の白さや歯並びなど、口元の美しさを重視した治療を行います。

審美歯科

当院では、歯の美しさはもちろん、口元の自然さや噛みやすさに焦点を当てた治療を行っています。見た目がきれいになったとしても、食事がしにくくなるようでは、治療を受けた意味がないと考えるからです。

このページでは当院の審美歯科治療についてご紹介します。

<審美歯科はこんな方にオススメ>
・きれいな歯になりたい
・銀歯を白くしたい
・歯の形が気になっている
・短期間で歯並びを整えたい

完璧な治療はないからこそ、長期視点の治療を

完璧な治療はないからこそ、長期視点の治療を審美歯科の治療で知っておいていただきたいのが、どれだけキレイに治したとしても、定期的な検診や再治療が必要となることです。たとえば、セラミックによる治療でも、ヒビが入ってしまったり、磨り減ってしまうリスクはあります。

当院では、できるだけ高額な自費治療ではなく、保険適用の治療をおすすめしています。自費治療でも、もっと白く、美しくしたいという方は、ご相談ください。

コンポジットレジン(保険)

コンポジットレジン●リーズナブルに治療ができます
●1回、通院するだけで治療可能

虫歯を削った部分に、コンポジットレジンという白い歯科用プラスチックを詰めます。従来の虫歯治療では、歯を削った部分に銀歯などの金属を詰めるのが一般的でした。

金属による治療は、見た目で治療したことがわかってしまうため、リーズナブルに白い歯を手に入れられるコンポジットレジンは、人気を集めている治療です。また、歯を削る量が少なく、1回の通院で治療が完了するというメリットもあります。

<メリット>
・1回の通院で完了
・歯を削る量が少ない
・歯と同じ色で治療できる

<デメリット>
・奥歯の治療では、隣接面(歯と歯の間)に詰めるには強度に不安がある
・時間が経つと劣化により変色するリスクがある
※虫歯が大きい場合、強度に問題があり適さない


硬質レジンジャケット冠(保険)

硬質レジンジャケット冠●保険適応のため治療費が安い
●金属アレルギーの心配がない

硬質レジンジャケット冠とは、冠全体が「硬質レジン」という歯科用のプラスチックで出来ているクラウン(差し歯)です。金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性がありません。

料金は約3,000~5,000円(保険適応3割負担の場合)とリーズナブルな点もメリットです。

<メリット>
・色が歯に似ているので見た目が良い
・金属を使用しないため、金属アレルギーの可能性がない
・保険適応なので安価

<デメリット>
・時間が経つと変色する
・すり減りやすい
・汚れ(プラーク)が付きやすい
・保険の適応範囲は前歯・犬歯・小臼歯のみで、奥歯には適応されない

硬質レジン前装冠(保険)

硬質レジン前装冠●保険適応のため治療費が安い
●強度が高い

中身は金属で、外から見える部分にのみレジン(プラスチック)が貼り付けられているクラウンです。保険で前歯のクラウンを作る場合には、ほとんどの場合この硬質レジン前装冠になります。

保険適応なので治療費が安いというメリットがありますが、この「レジン」というのはいわゆる「プラスチック」なので、時間が経つと段々変色してくるというデメリットがあります。料金は約5,000~7,500円です。(保険適応3割負担の場合)

<メリット>
・色が歯に似ているので見た目が良い
・中身が金属なので強度が高く、前歯のほとんどの部位に使用できる
・保険適応なので安価

<デメリット>
・時間が経つと変色し、見た目が悪くなる
・裏側から金属が見える
・保険の適応範囲は前歯・犬歯のみで、奥歯には適応されない

ハイブリッドセラミック(自費)

ハイブリッドセラミック●自然な白さを再現
●硬すぎないので周囲の歯を傷つけない

セラミック(陶器)と、レジン(プラスチック)を混ぜた材料が、ハイブリッドセラミックです。自然な白さを再現でき、オールセラミックに比べて安価に受けることができます。また、自分の歯とほぼ同じ硬さであることが特徴で、周囲の歯を傷つける心配もありません。

一方、セラミックと比較しますと透明感がなく、時間が経つにつれて変色しやすいというデメリットもあります。

<ハイブリットセラミッククラウンのメリット>
・自然な白さを再現できる
・硬すぎず、他の歯を傷つけない

<ハイブリットセラミッククラウンのデメリット>
・やや高価
・セラミックに比べると透明感がない
・長年使用する中で変色してしまうリスクも

メタルボンド(自費)

メタルボンド●強度が高い
●自然な美しさで、変色しない

金属でできた「かぶせもの」の外部を、白く透明感のあるセラミックで覆った人工の歯です。金属部分が見えないため、見た目もきれいで、変色もせず、多くの患者さんがよく選択される治療法です。また、強度が高いことも忘れてはならないメリットです

<メタルボンドのメリット>
・表面硬度が高く、摩耗しにくい
・色素が付着しにくく、変色がない

<メタルボンドのデメリット>
・値段が高価
・オールセラミックに比べて、透明感のある歯にはならない

関連ページリンク

arrow当院が選ばれる6つの理由
一般歯科(虫歯治療)歯周病治療クリーニング・ホワイトニング
審美歯科入れ歯ドライマウス料金表よくあるご質問医療費控除

arrow院長あいさつ
スタッフ紹介スタッフを募集しています院内ツアー・院内設備
アクセス・診療時間プライバシーポリシー

歯のことならお気軽にご相談ください。 スタッフも募集しています

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 審美歯科


コールバック予約