トップへ » 院長あいさつ » ひとりひとりの患者さんと向き合った治療がしたい

ひとりひとりの患者さんと向き合った治療がしたい

院長あいさつ

たとえば、患者さんが虫歯の治療にいらっしゃったとします。歯科医師の立場からしますとよく見かける症状ですが、患者さんにとっては、軽度の虫歯であっても一大事だと思います。

同じ症状の患者さんでも、育った環境やライフスタイル、年代、性別、好き嫌いなどで大きく状況もかわってくるのが歯科治療。だからこそ、ひとりひとりの患者さんと向き合った治療を行いたいと考えています。

歯科医師の目線でベストな治療だと思っても、患者さんにとってはベストではないこともありえるからです。経済的な理由もありますし、見た目の美しさ、他の病気との兼ね合いなど、様々な要因があると思います。

当院では、患者さんに合わせて、できる限り丁寧に治療の説明をさせていただきます。患者さんに納得していただいて、私を信頼していただけることが、よりよい治療を行うためには重要だと考えているからです。

「わかりやすく説明してくれてありがとう」と言っていただける時は、またがんばろうと思えますね。


トップへ » 院長あいさつ » ひとりひとりの患者さんと向き合った治療がしたい


コールバック予約